胃カメラ

胸やけ・腹痛でお悩みではありませんか?

胸やけ・腹痛でお悩みではありませんか?胸やけ・腹痛でお悩みではありませんか?胸やけ、みぞおちの痛み、食前・食後の腹痛、黒色便を自覚された方や胃がん・食道がんが心配な方はぜひご相談ください。
当院では極細径スコープを用いた上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を行っております。楽に受けられるよう、鎮静薬を使用した胃カメラや経鼻胃カメラを行っております。
逆流性食道炎、胃炎、胃・十二指腸潰瘍が見つかりましたら、治療を行います。
ヘリコバクター・ピロリ菌の検査および除菌治療を当院で行います。
胃がんや食道がんが見つかりましたら速やかにご紹介いたします。

鎮静剤を用いた苦痛の少ない胃カメラ検査

口に異物を入れたときにオエッと吐き気が起こる嘔吐反射が心配な方、始めての胃カメラ検査で痛みや苦しさが不安な方には、鎮静剤を用いた胃カメラ検査で対応させていただきます。半分眠ったような状態をつくることができるため、ほとんど気づかないうちに検査を終えられます。全例に極細の内視鏡を使用しますので、鎮静剤を使用せず胃カメラをすることも可能です。

最新の内視鏡を導入し、精密な診断が可能です

最新の内視鏡を導入し、精密な診断が可能です当院では、最新の極細の内視鏡を導入しております。近年は内視鏡の機能の発展は目覚ましく、以前では難しかった小さな病変も、高い精度で発見することができます。
また、熟練の技術により正確な検査・精密な診断が受けられます。

胃カメラ検査が可能な曜日・時間

腹部エコー検査・内視鏡検査について

検査可能な曜日 土曜日 09:00~12:00

電話・WEBで予約を受け付けております。
検査前は絶食が必要です。水分摂取は通常通り行ってください。
内服については事前に医師に確認してください。

胃カメラ検査の流れ

Step1ご予約の後・ご来院

ご予約の後・ご来院まずはお電話、WEB予約にて受診日をご予約ください。検査当日のご来院時間は当院からお伝えします。
(吹田市胃がん検診をご希望される方は来院当日の検査はできません。問診事項記載いただき、医師が予約をお取りします。内服内容により電話やWEBでの予約ができないことがあります。その場合は医師が診察を行い、ご予約をお取りします)

※検査前日の夕食は、夜9時までに摂ってください。当日は、絶食です。朝食または昼食を抜いてください。水・お茶は普段通り摂ってもらって構いません。
※検査前日から、アルコールはお控えください。

来院する際、健康保険証、お薬手帳(処方薬がある方)、健康手帳(発行を受けた方)、免除・助成証明書(対象者のみ)を持参ください。検査方法について説明を行い、同意書に署名していただきます。

Step2胃カメラ検査

大腸カメラ胃カメラ検査は、特に問題がなければ最短5分で終了します。鎮静剤を用いた胃カメラ検査も対応しているため、痛みや苦しさがなく、ほとんど気づかないうちに検査を終えられます。
(詳細な検査が必要な際には、10分~15分程度かかる場合もあります)

Step3検査終了後、結果のご説明・お支払い

検査終了後、結果のご説明・お支払い鎮静剤を使用しなかった場合は、準備が整い次第検査結果をご説明します。
鎮静剤を使用した場合は、1時間点滴室でお休みいただきます。麻酔が覚めたことを確認し、検査結果をご説明します。
咽頭麻酔を行っておりますので、検査後1時間は飲水や食事を避けてください。
生検(組織診断)を行った場合、検査当日は刺激物やアルコールの摂取を控えてください。

Step4検査結果の受け取り・詳しいご説明

検査結果の受け取り・詳しいご説明検査当日に医師より結果説明を行います。生検(組織診断)を行った場合は、結果説明を2週間後以降に行います。
吹田市胃がん検診では2名の医師による判定を行うため、結果説明は1-2か月後となります。
治療が必要であれば結果を待たずに行いますのでご安心ください。

胃カメラ検査前後の注意事項

  • 抗凝固薬、抗血小板薬を含め、現在お薬を服薬中の方は事前にお申し出ください
  • 前立腺肥大、緑内障や不整脈をお持ちの方は事前にお申し出ください
  • 検査日は、リラックスできる服装でお越しください
  • 鎮静剤を使用した場合、検査当日の自転車・バイク・車の運転ができません

吹田市胃がん検診の指定医療機関です

吹田市胃がん検診の指定医療機関です吹田市胃がん検診が受けられます。50歳以上の人で受診年の誕生日で偶数年になる方。2年に1回胃カメラ検査を施行します。検診の規定上、鎮静薬を使用できませんが、当院では全例、極細径スコープを用いますので、ご安心ください。

吹田市胃がん検診の注意点

    • まず問診を行います。問診に料金はかかりませんので、ご安心ください。胃がん検診の適応であることを確認して、予約をお取りします。
  • 胃がん検診の適応とならない方がおられます。その場合は当院よりお伝えします
  • 検査開始予定時刻の12時間前から食事はできません。飲水は検査直前まで可能ですが、飲水は「水」のみとしてください
  • 検査当日に内服が必要な薬は、検査開始予定時刻の3時間前までに内服してください
  • 喫煙は、検査に支障が出る可能性があることから、当日の喫煙は避けてください
  • 吹田市胃がん検診ではのど・鼻腔への麻酔以外の痛み止めや鎮静薬は使用できません
    (眠った状態での検査はできません)
  • 検査医の判断で生検(組織の一部を採取し、顕微鏡で観察する検査)を行う事があります
    この場合は保険診療で行いますので、検診当日は保険証か医療受給者証等をお持ちください

40代以上の方は一度胃カメラ検査を受けましょう

40代以上の方は一度胃カメラ検査を受けましょう胃カメラ検査では、食道、胃、十二指腸の粘膜を、極細の内視鏡により直接観察することができます。
従来のバリウム検査では難しかった小さな病変も、高い精度で発見することができます。
また、がんが疑われる場合など、内視鏡の先端から鉗子を出し、病変の細胞をごく少量採取して病理検査に提出することができます。
胃がんは、特に40代からその発症リスクが高くなると言われています。
40代以上の方、一度も胃カメラ検査を受けたことがない方、何年も受けていない方は、胃カメラ検査を受けることをおすすめします。

TOPへ戻る
TEL:06-6388-2030 TEL.06-6388-2030 WEB予約はこちらWEB予約はこちら